/

コロナ病床、1床あたり最大1500万円を支援 厚労省

田村憲久厚生労働相は25日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の患者を治療する病院への新たな支援策を発表した。病床が逼迫している地域を対象に、重症者向けの病床1床あたり1500万円、それ以外の病床1床あたり450万円を補助する。病床や医療従事者を確保するための原資にしてもらう。

同日午前に閣議決定した予備費のうち2693億円を活用する。病床が逼迫していると都道府県が判断した地域でコロナ患者を治療する病院が対象になる。病床の上積みが必要だが、医療従事者の確保が課題となっているため支援する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン