/

この記事は会員限定です

<展望 2021>デジタル通貨 中銀走る

中国先行、日本は春にも実験

(更新) [有料会員限定]

世界の中央銀行がデジタル通貨の発行を見据えた動きを加速している。中国では2022年の正式導入に向けた準備が本格化し、日本や欧州も研究から実証実験へと歩みを進める。実現すれば個人や企業の利便性が高まるとの期待がある半面、技術や制度設計面の課題も多い。各国の駆け引きも一段と熱を帯びそうだ。

中銀の発行するデジタル通貨は「CBDC(Central Bank Digital Currency)」と呼ぶ。お...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン