/

この記事は会員限定です

銀行システム、期末控え警戒モード みずほ障害を教訓に

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

みずほ銀行で起きたシステム障害を受け、取引が増える月末を前に金融機関の警戒感が高まっている。多くの企業にとって期末にあたる3月下旬は融資の返済日などに当たることが多く、ただでさえ取引量は膨らみやすい。人員を増やしたり、作業日を分散したりするなどの対応に乗り出す銀行も出てきた。

「いま障害が起きれば経営問題につながりかねない。人員を増やすなど例年より細心の注意を払っている」。ある地方銀行の幹部はみず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン