/

この記事は会員限定です

日本郵便、楽天と物流効率化で提携 24日午後にも発表

[有料会員限定]

日本郵便がデジタル技術を使った物流事業の効率化に向けて、楽天と包括提携を結ぶことが24日わかった。共同出資会社の設立を検討する。日本郵便では郵便物数が減少を続ける一方で、新型コロナウイルス禍に伴う「巣ごもり消費」を受けて宅配便のゆうパックの取扱数は増えている。楽天のデジタル技術の活用などで効率化を図り、物流事業の底上げをめざす。

24日午後にも親会社の日本郵政の増田寛也社長、日本郵便の衣川和秀社長、楽天の三木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン