/

この記事は会員限定です

原発政策「国が前面に」 経済界、新増設へ環境整備促す

[有料会員限定]

今夏にも策定される次期エネルギー基本計画を巡り、経済界が政府に原子力発電の推進を明記するよう促している。24日に開かれた総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の分科会では、脱炭素社会の実現に向けて二酸化炭素(CO2)をほぼ排出しない原子力発電所の新増設方針を明確にし、再稼働の推進へ国が前面に立つよう求める声が上がった。

24日の分科会は、2050年までに温暖化ガス排出実質ゼロを実現すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン