/

妊娠届、1~10月で5.1%減 コロナ影響か

think!多様な観点からニュースを考える
妊娠届の件数は、新型コロナの感染拡大で政府が緊急事態宣言を出した4月以降に落ち込みが目立つ(写真は2018年)

厚生労働省は24日、今年1~10月の妊娠届の件数が前年同期に比べて5.1%減の72万7219件だったと発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、妊娠を控える人が増えたとみられる。2021年の出生数は前年から大きく減る懸念がある。

妊娠届の件数は新型コロナの感染拡大に伴い政府が緊急事態宣言を出した4月以降に落ち込みが目立つ。特に5月は前年同月比で17.6%減、7月は同10.9%減と減少幅が2桁と大きく落ち込んだ。

厚労省によると、9割以上の妊婦が妊娠11週までに自治体に妊娠を届け出ている。今年夏以降に妊娠した人は来年出産を迎える人が多いとみられる。

20年は婚姻件数も前年に比べて減少している。新型コロナの感染拡大で外出を控える人が増え、妊娠や婚姻の動向に影響を与えた可能性がある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン