/

この記事は会員限定です

三菱UFJ銀行・半沢次期頭取の素顔 ピンチの時に登場

(更新) [有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループは、傘下の三菱UFJ銀行の頭取に同行の取締役常務執行役員の半沢淳一氏(55)が昇格する人事を固めた。24日午後にも正式発表する見通しだ。上席である副頭取と専務13人を追い越す異例の人事となる。半沢氏自身は銀行中枢の経営企画部門が長く、王道を歩んできた頭取の本命候補だった。

大蔵省出向経験も

半沢氏は1988年(昭63年)に東京大学経済学部を卒業し、三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行した。配属先は王子支店(東京・北)。入行直後からエリート街道を歩むことになる。入行4年目に大蔵省(現財務省)の国際金融局に出向。政府開発援助(ODA)を担当し、若くして官僚や政治家との折衝を経験した。

以降はほぼ一貫して企画畑に身を置いた。銀行全体の事業を見渡し、成長戦略の絵を描く銀行の中枢部門だ。かつての部下は「まずは人の話を聞き問題解決に向けた最短...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り814文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン