/

この記事は会員限定です

インド・欧州、独自にデジタル課税 国際ルール難航で

G20合意で打開図る 5年超の議論大詰め

[有料会員限定]

米IT(情報技術)大手などが提供するデジタルサービスに独自に課税する国・地域が相次いでいる。フランスやスペインに続いて、インドも課税を強化。国際的な共通課税ルールづくりは難航しており、7月をめざす合意に失敗すれば報復関税の応酬が世界経済の成長を妨げる負のシナリオが現実味を帯びる。

「これ以上の独自課税拡大はやめ、多国間交渉を優先すべきだ」。経団連や米情報技術産業協議会(ITI)など日米欧の経済団体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン