/

この記事は会員限定です

長期金利に下げ圧力、「日銀が上昇容認」の見方薄れる

[有料会員限定]

国内債券市場で長期金利に下げ圧力(価格には上昇圧力)が強まっている。日銀の政策点検を巡る思惑で2月後半から金利は上振れしていたが、19日の金融政策決定会合の結果を受けて日銀が金利の上昇を容認するとの見方は薄れた。超長期国債の利回りも低下基調だ。市場では目先、債券に買いが入るとの声が出ている。

長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは23日に一時0.070%を付けた。日銀が決定会合の結果を公表した1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン