/

この記事は会員限定です

学童保育の待機児童、なお1万5900人 

[有料会員限定]

厚生労働省は23日、小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)の待機児童が2020年7月時点で1万5995人だったと発表した。過去最多だった前年より2266人減ったが、21年度末までに待機児童を「ゼロ」にする目標の達成には遠い。共働き世帯の増加ペースに、受け皿整備が追いついていない。

放課後児童クラブは共働き世帯などの子どもを、放課後に小学校の空き教室や児童館などで預かる施設。例年は5月時点で調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン