/

この記事は会員限定です

新電力の資金繰りを支援 経産省、利用者保護を条件に

[有料会員限定]

経済産業省は電力需給の逼迫に伴って電力の卸売価格が高騰している問題で、新電力や利用者に対する追加支援を打ち出す。新電力に対し、電気料金が高騰する恐れのある利用者への柔軟な対応を要請。高騰分の分割払いや料金プランの変更などを想定している。対策を講じていることを条件に新電力の資金繰りを支援。顧客に影響が及ぶ事態を避ける。

電力は需要と供給が一致しないと停電などのトラブルを招くため、実際の需給が計画通り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン