/

三井住友信託銀、支店行員を解雇 3億7000万円着服で

三井住友信託銀行は22日、新百合ケ丘支店(川崎市)に勤務していた30代の元行員の男性を2020年12月21日付で懲戒解雇したと発表した。架空のキャンペーンを持ちかけ、少なくとも20人の顧客から計3億7000万円をだまし取っていた。

同行は被害者への補償について「真摯に取り組んでいる」としている。刑事告発も検討しているという。

元行員は07年の入行以降に勤めた複数の支店で「高い金利がつくキャンペーンがある」などと顧客に持ちかけ現金を着服していた。ギャンブルや生活費などに充てていたという。本人の申告で判明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン