/

この記事は会員限定です

監視委、JDIに21億円の課徴金勧告 不正会計で

[有料会員限定]

証券取引等監視委員会は22日、液晶大手のジャパンディスプレイ(JDI)が不正会計で有価証券報告書に虚偽の記載をした事案を巡り、21億円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。JDIは在庫の過大計上など不正会計を繰り返していた。虚偽記載の課徴金の金額では東芝日産自動車の事案に次ぐ過去3番目の大きさとなる。

不正会計の期間は2014年3月期から19年4~9月期までで、JDIは20年4月に訂正している。監視委は不正会計の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン