/

この記事は会員限定です

第一生命HD、副業解禁 約1万5000人対象

[有料会員限定]

第一生命ホールディングスは4月、約1万5000人の職員を対象に副業を解禁する。勤務時間外での個人事業主としての業務受託などでの利用を想定。IT(情報技術)部門などを念頭に、社外で得た専門性を社内の業務に還元してもらう狙いだ。

第一生命によると、社外での副業を認めるのは大手生保では初めて。従来、労務や情報管理上の理由で副業解禁に慎重だった金融機関でも多様な働き方が広がりそうだ。

職員は所属部署の上司に副業を申請。第一生命は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン