/

この記事は会員限定です

米長期金利「2%後」見据える市場 円相場、110円下落も

[有料会員限定]

米長期金利の上昇が加速している。米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和が長期化するとの見方から、景気の過熱を意識した米国債売りが優勢なためだ。市場では2021年後半にかけて節目の2%を超える展開も視野に入りつつある。円相場については1㌦=110円まで下落するとの見方が強まっており、日米金利差の拡大に着目した円安・ドル高の流れが定着しそうだ。

長期金利の指標になる米10年物国債の利回りは18日に一時、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン