/

この記事は会員限定です

日銀、円高・株安でETF購入決断 10年7~12月議事録

(更新) [有料会員限定]

日銀は25日、2010年7~12月の金融政策決定会合の議事録を公開した。当時は先進国経済の先行き不安からリスク回避の円買いが広がり、対ドルの円相場は1ドル=80円台前半まで上昇した。日経平均株価は一時1万円を割り込んだ。対応に苦慮する日銀は主要中央銀行として初めて上場投資信託(ETF)を買い入れる政策に踏み込んだ。

白川方明総裁(肩書は当時、以下同じ)の率いる日銀は市場から金融緩和に消極的とみられてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン