/

介護施設で「プール方式」活用を PCR検査で厚労相

田村憲久厚生労働相は22日の閣議後の記者会見で、複数の検体を混ぜて新型コロナウイルスのPCR検査を行う「プール方式」について医療施設や介護施設での活用を自治体に呼びかけた。厚労省は15日に同方式を行政検査で使えるようにすると決めた。田村氏は「有効性が認められたので、実行していきたい」と語った。

行政検査になると患者は自己負担なく検査を受けられる。プール方式は感染者が確認されていない高齢者向け施設などで感染の有無を確認するために使う。複数人分をまとめて検査するため、検査の効率化が期待される。結果が陰性なら全員を陰性と判断し、陽性の反応が出た場合は個々の検体を再検査する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン