/

この記事は会員限定です

減収補う地方債1.6兆円 20年度「リーマン後」超す

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

自治体が税収の穴埋めなどで発行する2020年度の地方債の総額が1.6兆円を超える見通しだ。リーマン危機後の09年度の約1.2兆円を超え、バブル崩壊後の1993年度の1.7兆円に並ぶ過去最大規模となる。地方消費税の大幅な落ち込みを補うための発行が増えた。新型コロナウイルス禍で地方財政の逼迫は顕著で、当面は国の財政支援が急務となる。

20年度の地方税収は年度当初に過去最高の43.5兆円(国からの譲与税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン