/

20年の消費者物価 4年ぶり下落 0.2%、コロナ禍響く

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

総務省が22日発表した2020年の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.5と前年比0.2%下がった。4年ぶりのマイナスとなった。新型コロナウイルス禍による需要低迷や観光需要喚起策「Go To トラベル」の宿泊料割引が全体を押し下げた。20年12月は前年同月比1.0%下がり、10年3カ月ぶりの下げ幅となった。

年間のCPIは毎月の指数の平均をとる。20年はガソリンが6.3%、電気代が3.5%などとエネルギー関連の項目が軒並み下落した。コロナ禍もあって20年初めから春にかけて原油相場が急落し、エネルギー価格は年間を通じて前年を下回った。

政府が20年7月に始めたGo To トラベルの影響で宿泊料は16.7%下がった。パック旅行費も5.2%値下がりした。19年10月に始まった幼児教育・保育の無償化により幼稚園保育料(私立)は92.5%下がり、保育所保育料も51.0%低下した。

一方、感染が広がった昨春に需要急増で一時的に品薄になったマスクは0.5%上がった。テレワーク向けの需要が増えたデスクトップ型パソコンは12.8%、プリンターは18.5%上昇した。

政府・日銀は物価安定目標として2.0%の上昇率を掲げる。20年は最も上昇率の高い1月でも0.8%にとどまった。12月まで5カ月連続のマイナスとなり、むしろデフレに逆戻りする懸念が強まっている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン