/

この記事は会員限定です

気候変動、全銀協「最大の課題」 対応に時間と理解訴え

[有料会員限定]

金融庁は21日、気候変動や社会問題への対応など持続可能な経済成長に向けた投融資について議論する「サステナブルファイナンス有識者会議」の初会合を開いた。全国銀行協会の代表は気候変動問題に「銀行界の最大の課題」として取り組む姿勢を示しつつ、融資の全面的な切り替えには時間がかかることへの理解を求めた。

4~5月をめどに議論を取りまとめ、政府の成長戦略に反映させる。21日は政府が掲げる2050年までに温暖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン