/

この記事は会員限定です

海外ファンド、日本に参入しやすく 金融庁が改革案

(更新) [有料会員限定]

金融庁は21日、海外ファンドの日本参入を促すための改革案をまとめた。主に海外投資家の資金を運用するファンドが日本に新規参入する際の行政手続きを簡素にするほか、海外での実績を踏まえて期間限定で日本で事業展開できる特例を設ける。参入障壁を取り払い日本市場の存在感を高める。

金融庁は21日に開いた金融審議会市場制度ワーキング・グループで、改革案を盛り込んだ報告書案を示した。年内にも正式な報告書としてまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン