/

この記事は会員限定です

脱炭素目標、足並み乱す縄張り意識 国交省内でも温度差

小川和広

[有料会員限定]

「規制改革などの政策を総動員」「総力を挙げて取り組む」──。昨年10月、2050年の温暖化ガス排出実質ゼロの実現を表明した菅義偉首相は、所信表明演説の中で目標達成に向けて政府一丸で取り組む方針を強調した。そのために排出量を30年までに13年度比46%減とすることで落ち着いたが、目標を巡る省庁間の温度差は目立つ。

「10ギガワット(1000万キロワット)の太陽光発電設備を置くには、横須賀市の面積相当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン