/

この記事は会員限定です

コロナ危機、止まらぬ歳出拡大 国債発行236兆円で最大

[有料会員限定]

政府が21日閣議決定した2021年度予算案は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、歳出圧力が強まるなかで編成された。21年度の財政投融資計画も過去最大の40兆9056億円となり、借り換えも含めた国債発行総額は236兆円と当初ベースで過去最大に膨らむ。危機の収束後は正常化への道筋をどう付けるかが課題となる。

21年度予算案の概算要求締め切りが例年より1カ月遅い9月末となったため、財務省は短期間の査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン