/

この記事は会員限定です

日銀、大規模緩和を維持 20年度成長率を下方修正

(更新) [有料会員限定]

日銀は21日の金融政策決定会合で、新型コロナウイルスに対応した大規模な金融緩和策の現状維持を決めた。企業の資金繰り支援や金融市場の安定に向けた施策を続け、コロナ下の国内経済を下支えする。政府の緊急事態宣言の再発令で景気に下押し圧力がかかるなか、2020年度の実質成長率見通しはマイナス5.6%と小幅に下方修正した。

日銀は21日まで2日間、決定会合を開催した。午後に黒田東彦総裁が記者会見する。

短期金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン