/

この記事は会員限定です

再生エネ「最大限導入」 経産省、発電の5~6割案提示

[有料会員限定]

経済産業省は21日、2050年の発電量に占める再生可能エネルギーの割合を約5~6割に高める案を示した。温暖化ガス排出量の実質ゼロを目指す方策を議論する上で「参考値」と位置づけた。欧州などの再生エネ先進地と比べても遜色ない水準になる。国民負担や電力の安定供給といった課題に道筋をつけられるかが問われる。

総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の分科会で示した。再生エネは50年の主力電源として「最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン