/

この記事は会員限定です

新制度、貸し出しを促進 日銀総裁会見の要旨

[有料会員限定]

問 今回の決定内容について。

答 より効果的で持続的な金融緩和を実施していくための点検を行った。2%の物価安定の目標を実現するため、引き続き長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和を継続する。経済・物価・金融情勢の変化に対してちゅうちょなく機動的かつ効果的に対応する。

第1に、短期政策金利に連動する「貸出促進付利制度」を創設した。金利引き下げ時の金融機関への収益へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン