/

この記事は会員限定です

行動変容に頼らぬコロナ対策 佐々木周作氏

東北学院大学准教授(経済学)

[有料会員限定]

日本の新型コロナウイルス対策は、人々の行動変容に頼るかたちで進められてきた。私の専門である行動経済学の観点から、効果と限界を考えてみたい。

行動経済学には、「ナッジ」という言葉がある。人々の意思決定の特徴を踏まえ、行動変容を後押しするための工夫のことだ。今回の一連の対策ではナッジの考え方が取り入れられ、特に第1波ではうまく機能したと考える。筆者らの研究では、「あなた自身の命を守れます」でなく「身近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン