/

金融渉外の新卒採用、2年連続見送り 日本郵政

日本郵政は18日、グループの2022年度の新卒採用を前年度から約260人減の1795人程度とすると発表した。保険などの金融商品の販売を担う日本郵便の渉外社員は2年連続で採用を見送る。かんぽ生命保険の不適切販売問題を受け、個人向けの積極営業を控えている状況を考慮した。新卒採用は1780人だった12年度以来の少なさとなる。

同日、賃金や労働力確保などに関する春季労使交渉で日本郵政グループ労働組合(JP労組)と妥結した。21年度の賃金は、社員の基本給を底上げするベースアップを6年連続で見送った。年間一時金は4.3カ月分を維持した。

22年度採用は日本郵便が1450人、ゆうちょ銀行が150人、かんぽ生命が180人、持ち株会社の日本郵政が15人を見込む。郵政グループはかんぽ生命問題を受け、21年度の採用数を前年から半減させていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン