/

経団連会長、春季交渉の労使トップ会談欠席へ

中西会長は12日、ウェブ中継で記者会見を開催し、本格復帰に意欲を示した

経団連は18日、春季労使交渉の幕開けとなる連合との会合について、中西宏明会長が欠席すると発表した。中西氏は2020年夏に再発がわかったリンパ腫のため入院中。26日に労使フォーラム、27日に労使トップ懇談会を開く予定だった。27日の懇談会は経団連の古賀信行審議員会議長が出席し、連合の神津里季生会長と会談する。

中西氏の治療は「最終段階」(経団連幹部)とされる。退院時期は未定だが、職務の本格復帰へ療養を優先する。経団連会長が労使トップ懇談会を欠席するのは、02年に経団連が現在の組織になって初めてになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン