/

この記事は会員限定です

親子上場の是非、踏み込まず 企業に説明責任

企業統治指針、残る課題㊦

[有料会員限定]

2020年に金融事業を完全子会社化したソニーは21年4月、ソニーグループへの社名変更を控える。人工知能(AI)による自動車保険のリスク診断や顧客データの分析などグループの技術力を金融事業にも応用する。

19年には他の事業との関連性が薄いとしてアクティビスト(物言う株主)の米サード・ポイントから金融事業を売却するよう圧力を受けた。しかし、社外取締役が8割を占める取締役会は全会一致で金融事業の完全子会社化と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン