/

この記事は会員限定です

「緩和の限界」払拭に苦闘 2010年7~12月日銀決定会合

[有料会員限定]

日銀は25日、2010年7~12月の金融政策決定会合の議事録を公開した。リーマン・ショックから2年たっても円高・デフレの負の連鎖に苦しんでいた時期で、8月末の臨時会合で追加緩和に動く。10月には株式など多様な資産を購入する「包括緩和」を決めた。今もなお続く異例の政策に踏み込んでいく。

8月、臨時会合で追加緩和 「日銀の意思を明確に」

「円高傾向の定着が企業マインドに影響を及ぼすリスクも顕在化し始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン