/

この記事は会員限定です

21年度4%成長を閣議了解 実現へ問われる経済対策効果

[有料会員限定]

政府は18日、2021年度の実質国内総生産(GDP)の伸び率を20年度比でプラス4.0%とする経済見通しを閣議了解した。成長率を3%台半ばと予測する民間よりも強気の見方だ。政府は経済対策による押し上げ効果を高く見込んでおり、達成には政策の実効性が問われる。経済の重荷になっている感染拡大に歯止めをかける取り組みも求められる。

新型コロナウイルス禍が直撃した20年度の成長率はマイナス5.2%と見込む。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン