/

この記事は会員限定です

柏崎刈羽、遠のく再稼働 東電HD社長「現場一体で対策」

(更新) [有料会員限定]

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は18日の衆院経済産業委員会と原子力問題調査特別委員会の連合審査に出席し、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)のテロ対策の不備を改めて謝罪した。今回の不祥事で同発電所の再稼働が一段と遠のくことは避けられない。東電の経営再建やエネルギー政策への影響は必至だ。

「大変なご心配をおかけし、深くおわび申し上げる。徹底的に原因を究明し、抜本的な対策を講じる」。小早川社長は17日の参院予算委員会に続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン