/

この記事は会員限定です

ESGに目標付き融資 達成なら企業に金利優遇

滋賀銀・農中など 環境対応促す

[有料会員限定]

企業のESG(環境・社会・企業統治)対応を促すため、数値目標の達成で金利を引き下げる新たな融資が広がっている。「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」と呼ばれる融資手法で、滋賀銀行が地方銀行で初めて単独実行したほか、農林中央金庫は不動産投資信託(REIT)向けに契約。ESG投融資はメガバンクだけで2030年までに計55兆円を目指しており、同ローンは大きな軸になるとみられている。

SLLは欧州を中心に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン