/

サイバー攻撃、年末年始に増大 経産相が注意喚起

年末年始はサイバー攻撃が増える

梶山弘志経済産業相は18日の閣議後の記者会見で、被害が増え続けるサイバー攻撃への対策を強化するよう産業界に注意喚起した。「年末年始を控え世界的に攻撃のリスクが高まる。経営の観点からリーダーシップが必要だ」と呼びかけた。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってテレワークの普及などデジタル化が急速に進むなか、サイバー攻撃の手口が巧妙になっている。梶山氏は「9月以降、相談窓口への被害報告が増加している」と指摘した。特にランサムウエア(身代金要求ウイルス)や海外子会社など対策が脆弱な拠点を通じた攻撃が多いという。

具体的には、サイバー攻撃によって安全保障上の機微情報が漏れた場合は経産省に報告することや、迅速に公表することなどを求める。海外拠点とシステムを統合する際のセキュリティー強化にも注意を促した。梶山氏は「取引先や顧客情報が暴露される恐れがある攻撃への対応は企業の信頼に直結する」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン