/

LIBORの後継指標を算出、QUICKが新会社

金融情報サービス会社のQUICK(東京・中央)は18日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の後継指標を算出・公表するための新会社「QUICKベンチマークス」を設立した。今はQUICKが手掛ける「東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)」の算出・公表を新会社に移管し、業務の透明性を高める。

資本金は3億円で、QUICKが全額出資する。社長はQUICKの佐々木政洋常務取締役が務める。今はTORFの参考値を算出・公表しているが、今年半ばまでには実際の取引に使う確定値の公表も始める計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン