/

この記事は会員限定です

達成確率35% 内閣府GDP見通しに政府内も半信半疑

経済部 江渕智弘

[有料会員限定]

「2021年度中には新型コロナウイルス禍前の経済水準を回復する」。内閣府が20年の実質国内総生産(GDP)が過去2番目の大幅な落ち込みだったと発表した15日、西村康稔経済財政・再生相は記者会見で訴えた。

内閣府が20年末に示した21年度のGDP成長率見通しは4.0%。実現すれば比較可能な1995年度以降で最高となる。2回目の緊急事態宣言による落ち込みの反動への期待やワクチン接種開始などの明るい材料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン