/

この記事は会員限定です

21年度成長率4%に上方修正 政府見通し、経済対策支え

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府は2021年度の実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを4%程度とする方針だ。3.4%だった7月時点の見通しを上方修正する。8日にまとめた追加経済対策による押し上げを見込む。20年度の成長率は新型コロナウイルスの感染再拡大を踏まえ、マイナス4.5%からマイナス5%台前半に引き下げる。

近く閣議了解する。政府は毎年末に翌年度の経済見通しを示し、予算編成の前提となる税収を見積もる。コロナ禍で経済が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り477文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン