/

この記事は会員限定です

米国産牛肉の輸入制限、18日から発動 政府が正式発表

[有料会員限定]

政府は17日、米国産牛肉にセーフガード(緊急輸入制限)を発動すると正式に発表した。18日から4月16日までの30日間、現行25.8%の関税率を38.5%に引き上げる。輸入量が日米貿易協定で定めた基準を超えた場合、自動的に発動する取り決めになっていた。

セーフガードの発動は17年8月以来、3年7カ月ぶりとなる。米国産は2019年度の牛肉輸入量のうち4割を占め、冷蔵肉は主に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン