/

この記事は会員限定です

総務省、接待問題で有識者が初会合 行政のゆがみ検証

[有料会員限定]

総務省は17日午前、NTTや放送事業会社「東北新社」による一連の接待問題を受けた外部有識者による検証委員会の初会合を開いた。総務省による接待の事実調査とは別に、通信・放送の政策判断がゆがめられたかどうかを検証する。16日に辞職した谷脇康彦前総務審議官ら退職者や政務三役も検証対象となる見通しだ。

会議は原則非公開で行われる。武田良太総務相は初会合に出席し「第三者としての立場から正確に徹底的に検証を進めていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン