/

この記事は会員限定です

日中、CO2再利用で連携 世界最大のガス化施設建設

[有料会員限定]

日本と中国は二酸化炭素(CO2)を再利用するカーボンリサイクルで連携する。中国の化学工場で副産物として生じる水素を使い、産業用の燃料ガスをつくる。世界最大級のプラントを建設し、2020年代半ばにも事業化する。削減が求められるCO2と余剰水素という不要な原料同士を合わせて有効活用する技術として確立し、新興国や途上国への展開もめざす。

経済産業省と中国国家発展改革委員会などが20日に開く国際会議「日中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン