/

この記事は会員限定です

21年度予算案106.6兆円、3年連続大台 新規国債43.6兆円

(更新) [有料会員限定]

政府は2021年度予算案の一般会計総額を106.6兆円程度とする方向で調整する。20年度当初より4兆円ほど増え、3年続けて100兆円を超える。新型コロナウイルス対策で予備費を5兆円積むほか社会保障や防衛の経費が拡大する。新規国債発行額は3割増の43.6兆円近くに膨らむ。コロナ対応を手厚い予算で後押しするが、実効性が課題となる。

予算案は21日に閣議決定し、21年1月召集の通常国会に提出する。20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン