/

この記事は会員限定です

米国産牛肉セーフガード、3年7カ月ぶり発動 30日間のみ

[有料会員限定]

日本政府が米国産牛肉に対するセーフガード(緊急輸入制限)を18日にも発動する見通しとなった。発動は3年7カ月ぶり。2020年度の累計輸入量が発動基準を超えたためで関税を現行の25.8%から38.5%に引き上げる。ただ期間は30日間のみで、市場価格などへの影響は軽微との見方がある。

セーフガードは農林水産品などの輸入量が一定の水準に達した場合、国内産業を守るために一時的に関税を引き上げる措置。20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り752文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン