/

この記事は会員限定です

通信・放送行政、揺らぐ信頼 接待問題で谷脇氏辞職

[有料会員限定]

NTTと放送事業会社「東北新社」による一連の接待問題で、総務省の谷脇康彦前総務審議官が16日に辞職した。許認可の相手となる利害関係者からの接待を禁じたルールは形骸化し、疑惑はいまだ全容が見えない。NTTドコモの完全子会社化や東北新社の外資規制違反を巡り判断がゆがめられた疑念も解消されておらず、通信・放送行政の信頼回復は一層遠のいている。

「当省の幹部職員が公務に対する信頼を著しく失墜させ、職を辞するに至っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン