/

この記事は会員限定です

景気回復、継続の見方強く エコノミスト3月分析

[有料会員限定]

日本経済研究センターが16日発表した民間エコノミストの経済見通し「ESPフォーキャスト」によると、回答のあった35人全員が2020年内に景気の転換点である「谷」を過ぎたと回答した。日本経済は足元で景気回復局面にあるとの見方だ。緊急事態宣言下の21年1~3月期も国内総生産(GDP)の落ち込みは小幅にとどまるとみている。

直近で内閣府が正式に認定している景気の「山」は18年10月。その翌月から後退局面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン