/

この記事は会員限定です

大学基金、日銀使い「錬金術」 国債増発せず財源確保

財務省、3次補正で

[有料会員限定]

政府が2020年度第3次補正予算案に伴う巨額の財政支出に対し、財源確保で異例の対応に踏み出している。総額10兆円規模を目指す大学ファンドには、日銀が円資金を拠出する形で5000億円を捻出。計112兆円超と過去最大になった新規国債発行も、20年度に市場での増発をせず、債券市場への影響を抑える措置を講じた。

「まるで錬金術だ」「実質的に日銀による財政ファイナンスではないか」。日銀が16日に発表した内容が市場で波紋を広げた。財務省(外国為替資金特別会計)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン