/

この記事は会員限定です

AI翻訳の開発拠点 総務省が110億円、25年実用化へ

[有料会員限定]

総務省は人工知能(AI)を使った多言語同時翻訳プログラムの開発に乗り出す。約110億円をかけて研究開発拠点を整備する。2025年までに開発し、同年開催の大阪・関西万博での実用化を目指す。翻訳プログラムは米中などのIT(情報技術)大手も開発を競う。日本語翻訳の精度向上を狙う。

総務省が所管する国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)のユニバーサルコミュニケーション研究所(京都府精華町)のAI関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り381文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン