/

この記事は会員限定です

麻生金融相、「暗号技術が信頼性高める」 フィンサム2021で講演

[有料会員限定]

麻生太郎金融相は17日、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックについて討論する「FIN/SUM(フィンサム)2021」であいさつし、「デジタル世界は大きな潜在力を秘めている」と語った。電子文書の改ざんを防ぐ電子署名やタイムスタンプに関し、暗号技術が「情報や契約書などに対する信頼性向上に寄与する」と強調し、金融庁としても期待を示した。

また、本人確認についても生体情報や位置情報を活用する技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン