/

この記事は会員限定です

牛・豚など畜舎の建築基準を緩和 農水省、新法提出へ

[有料会員限定]

農林水産省は牛や豚などの畜舎の建築基準を緩和する新法をいまの通常国会に近く提出する。一定の基準を満たす畜舎の建築計画を都道府県が認定する仕組みをつくり、認定されれば建築基準法の対象から外す。建築基準法は通常のビルや住宅を基準に耐震などの強度を定めており、業界から規制緩和を求める声が上がっていた。

「畜舎等の建築・利用特例法案(仮称)」を通常国会に提出する。平屋で居室がないことや、人の滞在時間が少な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン