/

この記事は会員限定です

プラスチック製品、飲食店に削減義務 政府が新法案

[有料会員限定]

政府は飲食店などを対象に、プラスチック製のストローやフォークなどを削減する取り組みを義務付ける。18日召集の通常国会に「プラスチック資源循環促進法案」を提出し2022年度の施行をめざす。

店頭でストローなどを大量に提供する事業者に対して削減に資する取り組みを求める。数値目標は設けない見通しだ。来店客に必要かどうかを聞いてから提供したり、植物由来の素材を採用したりすることを想定する。不十分な場合には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン